治療できる症状

髪を気にする男性

薄毛で悩んでいる人はとても多いです。 特に、若い男性においては、恥ずかしさからなかなか悩みを打ち明けることもできず、かといって市販の育毛剤などを試しているだけではなかなか改善もできず、深刻な悩みとなっている例も珍しくありません。 しかし、現代において薄毛の85%は治療可能であるといわれています。 それは、薄毛が起きている原因やメカニズムがほぼ解明され、その原因を根本から解決する方法が確立されてきたからです。 まずは一人で悩まずに、医療機関に相談して本格的な薄毛治療を始めましょう。 薄毛治療は、開始が早ければ早いほど改善する傾向にあり、まだそこまで薄毛が進行していないようなら今すぐにでも始めましょう。まだ大丈夫と思っていても数年後にはかなり進行している可能性もあります。

薄毛治療を始めようと思ったら、生活習慣や髪に良い栄養などをとることも大切ですが、まずはなによりも医療機関に頼りましょう。 上記のような生活習慣の改善だけで治るケースというのはかなり稀です。 まずは皮膚科に行って、実際に薄毛が始まっているのか、それもどのような薄毛のタイプなのかを診断してもらいましょう。 そして、いわゆる男性型脱毛症であれば、ほとんどの場合で医薬品を服用することにより治療可能です。 薄毛治療に使われる医薬品として有名なのが、プロペシアです。 このプロペシアは皮膚科の処方がないと入手できませんが、フィナステリドという成分が脱毛の原因物質を除去する役割をもち、脱毛の起こりにくい体質にしてくれます。 1日1回服用するだけで使用するのも簡単です。 それをまず3ヶ月は続けてみましょう。 この段階で80%以上の人が薄毛の進行が止まった、または緩やかになったとの報告があり、3年以上続けた人では実に95%で薄毛の改善を実感したとの報告が上がっています。 まずはどうしていいか悩む前に、皮膚科へ行って相談しましょう。